ホテル予約
タイのホテル予約
agodaの最低価格保証で最安のホテル探しをどうぞ。
為替レート



・ゴルフ天国

タイ全国に200箇所以上のゴルフ場があります。日本に比べるとフラットで開放的なコースが多く、ゴルファーにとっては天国の環境です。敷地も広く、一年を通してプレーを楽しむことができます。

・専属キャディー

タイでは、必ずひとりひとりにキャディーが付きます。ゴルフカートを利用する場合もキャディーが付きます。

・歩いてゴルフ  

タイは一般的にフラットなゴルフコースが多く、歩いてプレーすることに適しています。専属キャディーが付いていますので、大地を踏みしめながら歩いてゴルフを楽しむことができます。もちろんカートも有料で選択可能です。

・一年を通してゴルフができる

 タイでは雨季(6月〜10月)、乾季(11月〜5月)を問わず一年を通してプレーを楽しむことができます。乾季となる日本、韓国などが冬の季節は、海外からの多くのゴルファーで賑わっています。     

・プレー料金

 タイでのプレー料金は、グリーンフィーとキャディーフィーから成ります。ゴルフコースによって平日のグリーンフィーは600〜2500バーツ、土・日・祭日は、1000〜4000バーツぐらいです。キャディーフィーは、平日、土・日とも1ラウンド(18ホール)200〜300バーツぐらいです。

・キャディーのチップ

キャディーのチップは、現在では1ラウンドについて、一般的に200バーツ程度です。満足度によって100程度を上乗せするのが通常です。

・ゴルフコースの予約  

タイでは、基本的に誰でもビジターとしてプレーをすることができます。予約は1ヶ月前くらいから受付けています。直接、ゴルフコースに電話をして予約を申し込むことができます。

・18ホールを通してプレー  

タイの場合、1ラウンド、18ホールを通してプレーするのが通常です。ほとんどのゴルフコースで、3ホールごとに茶屋があり、飲み物とスナックが用意されています。またロストボールも売られています。

・必要なもの

 タイでのゴルフは暑さ対策が必要です。傘・帽子・タオル・着替えを用意しましょう。ゴルフコースには、シャワー等が完備されていますので、着替えを持参しシャワーを浴びてすっきりして帰ることができます。またタイのゴルフコースは池が多いのでボールも余分に必要です。

・貸クラブ・貸靴・貸傘など

ほとんどのゴルフコースで貸クラブセットが用意されいます。旅行客の方も気軽に手ぶらで出かけてゴルフを楽しむことができます。

・クラブハウスの設備  

クラブハウスには、プロショップをはじめロッカールーム、レストラン、サウナ、マッサージルーム、ジャグジー等の設備が整ったゴルフコースが多くあります。レストランも早朝より夜間まで開いており、タイ料理、西欧料理をはじめ日本食メニューの用意されているところも多くあります。 


定番リンク


ナコンラチャシマピサヌロークアユタヤカンチャナブリスコータイコンケーンウドンタニルーイメーホンソンチェンライハジャイ(ハットヤイ)トランカオラック パンガーラノーンホアヒンホアヒンウボンラチャタニサメット島(ラヨーン)プーケットクラビサムイ島サメット島(ラヨーン)パタヤバンコクチェンマイ